6月15日〜Bさくらch新番組「推しと旅に出かけてみた」スタート

【本編3】できそこないの幸せ(連載中)

「俺の傍にいても、あいつが幸せになれますように」

それは自分がどんなに努力しても叶わない、神様頼りの願い事。

「一生お前を愛してるから、傍に居て。どこにも行かないで」

今夜もその首に輪をかけ愛を囁きながら、君の好きな歌を聴かせてあげる。

できそこないの幸せ

あらすじ

父・桐吾の逮捕から三か月。相羽家の養子になった光は、ふとしたきっかけで幸せの象徴「四つ葉のクローバー」を探し始めた。自分を愛し、義兄として、時に親友として寄り添ってくれる相方の相羽勝行にそれをプレゼントしたかったのだが――。
元被虐待児だった不良少年と、心の闇を隠し続ける優等生が織りなす青春ラブストーリー。

背徳の堕天使の続編です、両翼少年協奏曲と同じ時間の二人を描いています。

傾向

シリアス 青春 学園もの 溺愛 執着 多重人格 両片想い トラウマとの闘病シーン多め
時間軸:高3初夏~卒業、大学進学後まで  

目次

  • 第一章 四つ葉のクローバーを君に
    ……体調不良で入院中の光。ひょんなことで知った四つ葉を勝行にプレゼントしたくて——。
  • 第二章 明けない曇り空
    ……一方大学の進路希望を父に反対される勝行。政治家にはなりたくない、音楽活動に専念したい。
  • 第三章 たまにはお前も休めばいい (2021年8月連載)
    ……トラブルが重なりWINGSは活動自粛。二人で過ごしながら、互いの希望を語り合う。

関連記事

たまにはお前も休めばいい《暑中お見舞い》 【本編1】背徳の堕天使【R18】(完結) 【本編2】両翼少年協奏曲(完結)

◆こんなお話です◆

光くんがメイン主人公。前作はとにかく不憫で可哀そうなシーンばかりでしたが、今作では健気に頑張る物語が多いです。人生そううまくはいかないので、すぐに涙がぽろりと零れてしまいますが、彼は負けず嫌いなので、温かく見守ってやっていただけると嬉しい。
そうやって小さい事件が少しずつ積み重なっていくうちに、勝行くんはじわじわとブラック豹変率が高くなっていくので、執着系ヤンデレ、腹黒の片鱗が見えてきます。途中過程で二人がとにかくもどかしいほど「両片想い」を拗らせていくので、読んでてイライラしてしまうかもしれません(苦笑)

これまでに両翼少年協奏曲に収録せず、単発でぽつぽつと書いてきたすべての短い物語「オーバーザクラウズ」「君のために優しくなりたい」「魔法のキスと夏空ライブ」などで描いてきた光くんは、この物語の彼を描いています。
恋愛や友情の垣根を越えて、勝行をただ大切に思う気持ちが、小さなお話の端々から伝わりますように。